生命保険の終身保障の利点とは

終身の生命保険とは、一回加入すると、その保障が一生涯続くというものです。<br />他にもいろいろなメリットがあります。

生命保険の終身保障の利点とは

できれば生命保険は終身がいいですよ

生命保険は終身と定期型があります。価格でいうと、例えば1000万円の保障が必要な場合、その保険料は大きく違います。終身の方が高く、定期の方が安いです。
ここで注意すべきことがあります。主に2点です。
1つは、終身は保障が一生涯続き、保険料もずっと変わらない一方で、定期は一見安く見えますが、満期があり、満期の後も続けたければ、年齢が高くなっていますので、保険料がすごく上がります。そして、終身保険のメリットは、保障だけでなく、金融の側面もあるということです。
金融の性質とは、終身保険はお金がたまる仕組みです。
掛け捨てでない、ということです。
定期は、もし、保障が必要でなくなって解約したら、ほとんどお金はもどってきませんが、終身は、解約したら、解約返戻金があって、長くかけていたら、それまで払い込んだ保険料を上回るお金が帰ってくる場合もあります。そして、保障を減らしたりしたら、その分、解約部分のお金も戻ってきます。そして、緊急でお金が必要な場合、保険会社から貸し付けを受けることが可能です。
お子さんが成人して、大きな保障がいらない、となった場合、解約返戻金を年金に変化させて受け取ることも可能です。
そうですね、終身は一見高く見えますが、考え方によっては、より経済的な面もあり、状況に応じて、いろいろ変化させることができるということです。
なので、生命保険を考える場合は、まずは終身を考えたほうが、合理的な考え方かもしれません。

注意すべき点は、生命保険の終身型の場合は、多機能だし、メリットも多い分、分かりづらいということもあります。ですから、検討するにあたっては、いろいろ自分で調べてもいいですが、プロに相談して、正しい知識を納得いくまで教えてもらって、それから決めるのがいいと思います。

Copyright 2017 生命保険の終身保障の利点とは All Rights Reserved.